防犯砂利を敷いておくだけで防犯対策になる

砂利によるセキュリティ

防犯砂利は一般家庭でも手軽に導入できることで人気です。砂利による防犯効果を維持させるために、防犯砂利の下に防草シートを敷く必要があります。一連の手順や防犯砂利の効果は、ネット上にあげられている動画で簡単に確認できるでしょう。

音で知らせる対策と方法

防犯砂利は比較的低コストで高い効果が得られる防犯対策です。地面からは雑草が伸びやすいため、防草シートを活用します。除草と整地を済ませてから敷く点がポイントで、重ねる場合はすき間を作らないように注意しましょう。防犯砂利の敷き方は5センチメートル程度の高さを意識し、こまめなチェックが効果を維持します。

簡単なセキュリティ対策

石

施工の手順とは

家の安全を守るためには、防犯対策をしっかりと行う必要があります。家の中に侵入されないように、玄関や窓の戸締りは勿論ですが、家の周辺に近づけないような対策も必要です。簡単にできる対策の1つに、防犯砂利があります。防犯砂利とは、庭や玄関前などに、砂利を敷くだけの簡単な方法です。もし夜中に侵入者が来ても、砂利を踏むと、石と石が擦りあって大きな音がするため、近づく事ができない効果を持っています。防犯砂利の施工は、専門の業者に依頼することができますが、自分でも簡単に施工するとができます。防犯砂利は、ホームセンターや通販サイトで販売されているため、誰でも手軽に購入する事ができます。防犯砂利は様々な種類が販売されているため、色や形、大きさから選ぶことができるのです。防犯砂利はエクステリアの役割も持っているため、外から見える部分は家の外観に合わせてこだわってみると良いでしょう。そして、防犯砂利を敷く時に注意したいのが、雑草です。雑草が生えた状態で敷くと、石の音が軽減するため、除草して防草シートを敷きましょう。除草シートもホームセンターや通販で購入する事ができます。また防犯砂利は、隙間ができないように敷く事が大切です。石と石がぶつかりあわないと、しっかりと音が出なくなってしまうからです。敷く厚さは、3センチから4センチが理想なので、できるだけ厚く敷くと効果的です。防犯砂利は低予算でできる防犯対策なので、導入を検討してみましょう。

不審者を撃退する砂利

防犯砂利は、庭に敷き詰めるとその上を歩いた時に非常に大きな音が出る砂利です。侵入者を察知するだけでなく、音による撃退効果もあります。カラーバリエーションが豊富なので、普通の砂利と同じように庭の雰囲気に合わせて配色を選べます。