防犯砂利を敷いておくだけで防犯対策になる

音で知らせる対策と方法

泥棒

効果を維持させる工夫

空き巣やストーカー被害は、発生時期やタイミングの予測が困難であり、他人事として安心できない犯罪といえます。しかし、対策が無いというわけではなく、犯罪者が避ける家屋や施設も存在し、共通しているのが防犯対策です。ガードマンや専用機器を連想しがちな防犯対策ですが、防犯砂利であれば一般家庭でも簡単に取り組めます。防犯砂利は通常の石とは異なり、大きな音を発生させて侵入者の存在を知らせ、建物内だけでなく近所の安全も守る心強い道具です。近所の方と協力することで地域のセキュリティが強化されますので、導入の際は声をかけてみるのも安全対策の工夫でしょう。玄関周辺や庭に敷く防犯砂利は、地面から雑草が伸びるケースが珍しくなく、無対策では本来の効果が発揮できません。セットで利用されているのが防草シートで、除草と平坦に整地してからの設置がポイントです。整地は特に重要なポイントとなり、切り株や凹凸がある場合、破れやすくなったり水たまりになったりします。いずれも防犯効果の低下だけではなく、蚊や害虫被害も発生するため、敷く前の準備は計画的に実施しましょう。また、防草シートを重ねて使用する場合、すき間があると雑草が伸びてきますので、間隔を開けずに設置する点もポイントです。最後に防犯砂利を敷きますが、うっすらと撒いたのでは防草シートが露出するため、5センチメートル程度の高さを保ちます。風や雨で自然と動く場合もありますので、こまめなチェックが防犯砂利の効果を維持するのです。