防犯砂利を敷いておくだけで防犯対策になる

砂利によるセキュリティ

つみきの家

空き巣対策に効果的

ホームセンターなどで手軽に手に入る防犯砂利は、一般家庭であまりお金をかけずにできる防犯対策として人気です。昔から砂利は景観をよくするために用いられてきましたが、踏み込めば足音が大きく鳴るその性質から、現在ではセキュリティ上の理由で利用する家庭も多いです。これから自分の家に防犯砂利を導入しようとしている方は、まず色々と準備が必要なことを予め知っておかなければいけません。砂利を敷く前の準備段階として、まず庭の雑草を綺麗に取り除きます。雑草が生えている上に防犯砂利を敷いても、後で草が生い茂ってしまい、そのせいで防犯砂利の音が鳴りづらくなってしまいます。防犯砂利が正しく機能するためには、雑草を取り除いた上で、さらにその後も草が生えてこないようにする必要があるのです。そこで、雑草の発生を防ぐために防草シートというものを砂利の下に敷きます。例えば雑草の種が風で飛ばされてきたとしても、防草シートを敷いておけば、地面に根をはれず種が発芽まで至ることはありません。この事を知らずに砂利だけを敷いてしまうと後でかなり面倒なことになるので、忘れずにきちんと防草シートを敷いておきましょう。次に防犯砂利を敷くのですが、ただ敷けばいいというものではなく、砂利の高さが重要になってきます。高さが低いと後で足を踏み入れた時に砂利がどんどん外側に広がってしまい、下の防草シートが剥き出しになってしまいます。そうなってしまうと防犯効果が薄れてしまうので、砂利はある程度以上の高さで敷いて下さい。以上が防犯砂利の導入に必要な手順ですが、ここまでのプロセスを説明した動画はネット上で簡単に見つけることができるはずです。防犯砂利の効果や敷き方を自分の目で確認してみましょう。